【予約の混雑状況】 当院は9月より初診受付を再開しましたが、既に土日の予約が大変混雑し、予約が取れにくい状況となっております。初診をご希望の方は平日の予約をお願い申しあげます。

初診をご希望の方へ

当院は目の治療を専門に行っております。初診の方は以下3つの治療内容のみ受付しております。尚、耳の疾患は、緊急を要する突発性難聴や低音性感音難聴(急性期、発症から1か月以内が目安)の方のみ初診を受付ております。初診料2,500円が別途かかります。
目のみの治療
(5,500円/税込)
仰向けの状態で目に周りに鍼を行い20分程度休んで頂きます。仰向けでの頭や首の鍼(各4本程度)は追加無料です。着替え不要で肌の露出のないシンプルなコースです。所要時間も1時間以内です。
眼精疲労標準コース
(7,500円/税込)
標準コースは、首肩背中を含めた眼精疲労治療のスタンダードコースです。+1000円で一部位追加できます。(自律神経失調症の治療を加える場合は+1500円)
眼病・眼科鍼灸
(7,500円/税込)
眼病治療・眼科鍼灸の施術コースです。当院で特に患者さんが多いのが緑内障や網膜色素変性症です。首肩背中や目の周囲、手足のツボを用いて専門的な治療を行います。眼科での治療と併用可能です。

当院のコロナ感染対策

現在当院は、患者さん&スタッフの手洗い・消毒・検温を含め、患者さん毎のシーツや枕カバー・タオル類の交換など、感染予防を徹底しております。また、通常、月500人の予約枠を、月300名と大幅に限定し、施術中及び施術前後の感染対策に全力を尽くしております。そのため、治療をご希望される患者様におきましては予約が取れにくい状況となっておりますことをご理解・ご了承ください。コロナウィルスの終息を願って止みません。

【10月の診療体制】

◆診療日
水、木、金、土、日に限定して診療を行います。
(月・火は休診)

◆診療時間
朝9時30分~午後7時30分最終スタート
水曜日は午後5時終了
9月より水曜日は隔週で午後7時30分まで診療になります(最終予約午後7時30分)。

9月の診療予定表はこちらへ

眼科鍼灸ブログ

目・顎・耳の交感神経亢進症

眼精疲労に関連した顎関節症、顎痛、めまい耳鳴りの共通項とは 重度の眼精疲労を抱える患者さん...続きを読む

後頭下筋群と眼精疲労と慢性頭痛

◆頸部の筋(後頭下筋群)と肩の筋肉と目の関係 当院では、首の各筋肉が、目で物を見る際に果た...続きを読む

視力と眼精疲労

眼鏡やコンタクトは、度数が強すぎても疲れるし、弱すぎて疲れます。その理由は以下の通りです。...続きを読む

光と眼精疲労

万物を照らす光 生命は進化の過程で、目から光を取り込むことで、見るという感覚を獲得しました...続きを読む

瞼と眼精疲労

眼瞼下垂や眼瞼痙攣で悩む患者さんの治療に取り組み始めたとき、まず調べたのが「人間の瞼の構造...続きを読む

ドライアイと眼精疲労

なぜ目には涙が必要なのか、涙の役割とは? 普段、涙が問題なく出ている方には、ドライアイの辛...続きを読む

目の専門鍼治療のご案内

当院は、全国でも数少ない眼科鍼灸の分野を専門としており、延べ60,000例以上の治療実績を有しております。眼精疲労、眼痛症、緑内障や網膜色素変性症などの眼疾患の治療、視力回復などの専門的な鍼治療を行っています。 目の専門治療

当院が鍼治療を行っている主な眼科系疾患

前眼部の病気
眼の中の病気
  • 白内障
  • 緑内障
  • ぶどう膜炎
  • 眼底出血後の視界のゆがみ
  • 中心性網脈絡膜症
  • 夜盲症
  • 糖尿病性網膜症に
  • 網膜色素変性症
  • 未熟児網膜症(成人期)
瞼周辺の病気
  • 眼周辺のこわばり
  • 眼瞼下垂
  • 眼瞼痙攣
  • 顔面神経麻痺
  • 涙嚢炎痛

ドライアイの鍼治療

当院はドライアイに対する鍼灸治療を行っています。シェーグレン症候群の患者さんや、長時間のPC作業によるドライアイの患者さんが多いです。鍼の刺激により目の周りのこわばりや緊張を緩和することで涙腺への血流を改善し、涙液分泌を促進する治療を行っています。また、首や肩、背中など身体の様々なツボを刺激することで自律神経を整える治療を行っています。詳しくはこちらへ

重度の眼精疲労自律神経失調症でお悩みの方へ

目の周りの不快感、原因不明の目の奥の痛み、著し羞明感、慢性的な目の霞、ピント不全など重度の眼精疲労から生じる自律神経失調、レーシック後遺症などの治療に取り組んでいます。当院はこのような症状を眼精疲労症候群として全身的な治療を行っています。 眼精疲労症候群の治療
目の酷使から心身の様々な不調を来す眼精疲労症候群はもとより、指圧やマッサージのみでは解消しがたい「重度のこり」に対しても効果が期待できます。また、近年、デパス等の抗うつ薬を「不眠症」、また「頸の痛み」や「肩こり」への筋弛緩目的で使用し始めてから依存体質となってしまった方が減薬、断薬などの目的で当院の鍼治療をお受けになる方が増えています。
眼精疲労からくる全身症状

一時的な視力低下には視力回復鍼(しりょくかいふくしん)

パソコンやスマホなど長時間の近用作業(目の酷使)により、毛様体筋は疲労します。遠くがぼやけたり、近くの物がかすんで見えたりするのは、屈折緊張や網膜への血流不足で起こることがあります。鍼治療により毛様体の緊張を緩め、網膜への血流を促進することで、低下した見え方を改善する場合があります。
目の鍼灸イメージ

お知らせ

   

当院は東京都北区の鍼灸専門院です。平成30年7月10日に東武東上線大山からJR板橋駅東口前に移転しました。3名の鍼灸師(女性2人・男性1人)が在籍しています。2009年8月の開院以来、患者数は10700名を超え、延べ7万人の施術実績を有しています。都外からも多くの患者さんがいらしています。各メディアから取材をよく受けます。