眼瞼下垂や眼瞼痙攣で悩む患者さんの治療に取り組み始めたとき、まず調べたのが「人間の瞼の構造」(後述)でした。特に、上眼瞼挙筋が眼球後方から、瞼をてこの原理で引き上げる構造に衝撃と感動を覚えたのが10年前です。

ごく限られたスペースに、合理的な形でコンパクトに収納されている。

それが人体。だから、医学は面白い。

ここでは、上眼瞼挙筋を中心に、瞼について解説します。

瞼に生じる症状や病気

眼精疲労による瞼重感をはじめ、眼瞼下垂、眼瞼痙攣、顔面麻痺などは、いずれも瞼を起因とした症状です。また、瞼の不具合が、ムチ打ち、頸部外傷、肺尖部腫瘍、重症筋無力症など、離れた部位または、全身的な病気が原因である場合もあります。

まぶたが不具合を起こす原因を検索し、まぶたの働きを正常化させるには、どのようにアプローチすれば良いのでしょうか。

瞼と眼精疲労(瞼の3構造)

私たちは一日に1万5千回~2万回のまばたきを行っています。瞼は、閉じる際に「眼輪筋」が作用し、開ける際に「上眼瞼挙筋」が作用します。また、より目を大きく開ける際は「ミューラー筋」が作用します。その他に「前頭」「側頭筋」「後頭下筋」などの補助筋も作用します。

物を集中して見るためには、瞼をしっかりと開け続ける必要があります。疲れていたり、眠いのを我慢して、瞼を一生懸命に開けようとすると、当然その筋肉は疲労します。

では、目を見開くための筋肉は、どこから、どこへつながっているのでしょか。

上瞼(うわまぶた)は、上眼瞼挙筋(じょうがんけんきょきん)が収縮することで挙上します。目を開ける動作を考えると、筋肉は「おでこ」の方につながっていると思われがちですが、違います。瞼を開くための上眼瞼挙筋は、目の奥へと長く伸びていき、目を動かす筋肉と伴に視神経の鞘(さや)に接着されています。

上眼瞼挙筋と眼球断面図

これにより、瞼を吊り上げるとい言うよりも、「てこの原理」で後方から引っ張り挙げるという作用です。瞼を持ち上げるには、それなりの力量が必要なので、理にかなった構造だと言えます。

しかし、この構造ゆえに、目を酷使すると、眉間から眼球上部に沿って、目の奥が痛くなるという症状を来します。また、力学的にも頭の付け根(ぼんのくぼ)あたりで、上眼瞼挙筋の収縮を支持しますので、後頭部や首の後ろが凝ってしまいます。ひどいと、瞼を持ち上げるたびに、後頭部がズキンと痛むケースも生じます。

瞼を挙げる筋肉には、メインの上眼瞼挙筋の他、ミュラー筋、前頭筋などがあります。瞼の先には、軟骨で出来た瞼板(けんばん)が付いており、内部には「涙の成分の一つである油分」を分泌すマイボーム腺が備わっています。瞼板は、ファスナーのように、上瞼と下瞼が、ジッパーでピッタリと閉じるようになっています。その瞼板に付着し、瞼をより上方へと引っ張り挙げるベクトルを生み出すのがミュラー筋(後述)です。ミュラー筋は交感神経優位で活発に働きます。そのため、交感神経が遮断されると、瞼が微妙に下がった状態となります。

さらに、注視(集中して物を見る)を行うためには、目を閉じる眼輪筋と目を開ける挙筋+ミュラー筋が同時に収縮した状態となり、その持続にはエネルギーを消費します。

瞼の筋肉の断面図

目を、より大きく開くために働くミューラー筋

よく、「目ヂカラ」という言葉を聞きます。映画やドラマやアニメでは、主人公が逆境から這い上がり、起死回生の一手を打つときに、主人公の大きく見開いた目がクローズアップされるシーンを良く見かけます。

この時、ガンガンに働いているのが上瞼のミューラー筋です。交感神経線維が接続していますので、身体を鼓舞する時や、高揚している時、緊張した時、動揺した時、怒った時などに、積極的に反応します。また、首や肩の筋緊張(筋収縮)とも連動していますので、肩に力が入ると、瞼にも力が入ります。

尚、交感神経鼓舞作用(火事場の馬鹿力)を発揮する際には、目を大きく見開く、また、歯を強くかみしめる(歯の歯根膜には交感神経線維が接続)などが、トリガーとなります。

上記は、極端な例ですが、瞼は眼輪筋、眼瞼挙筋、ミューラー筋の三者が協調しながら、一日2万回にも及ぶ瞬目、感情などの精神状態を伝えるアイ・ラングエッジ、まぶしい光を防ぐ細目など、日常的にフル活動しています。