肩こりの画像

当院はJR埼京線板橋駅前(30秒)に移転しましたのでご確認ください。板橋駅前オアシスはり灸治療院の店舗情報はこちらをご覧ください。

若者からご年配の方まで、多くの方が悩む肩こり。 日本人が感じている身体の不調において、女性では肩こりが第1位、男性では腰痛に次ぐ第2位が肩こりとなっています。国民病とも言える肩こり、その解消には鍼治療が効果的です。

肩こりを解消する方法をと考えますと、まずマッサージや整体が思い浮かぶかもしれません。しかし、女性やご年配の方の体にとってマッサージは、刺激が強すぎる場合が少なくありません。マッサージを受けた翌日、逆に身体の節々が痛くなったとか熱が出たという話はよく伺うところです。また、コリが深部にある場合は、マッサージではコリの核に届きません。

身体に優しくて、かつ直接的な効果が高い手法が、まさに鍼治療といえます。寝ても肩こりがとれない、いつも上半身がだるい、とお悩みの方は是非一度、鍼の心地よい響きをお試しください。

では、いったい肩こりとはどのようなものでしょうか?

ひとえに肩こりと言っても、実際には肩だけに限定されるのではなく、首・肩・腕・背中なと広範囲にこりや痛みを抱える方が多いようです。

患者さんの訴えは、「肩のこり・痛み」、「後頭部の付け根の痛み」「首筋のこわばり」、「腕の重圧感や指先のしびれ」、「背中のはり」、「上半身の疲労感」など様々です。

上半身は、重たい頭部を支える首・肩を中心に、筋肉や神経、骨格が密接に連動し、人間独自の複雑な動きを実現しています。

では、いったい肩こりは、どうして起こるのでしょうか。

( 肩コリを引き起こす5つの原因)

(1)筋緊張性の肩こり
長時間の事務作業や編み物を行った時など、肩こりは顕著になります。それは、一部の筋肉に継続して負荷がかかる筋緊張の状態から筋肉疲労を起こすからにほかなりません。全身を使う肉体労働よりも、デスクワークやレジ業務などに従事する人に多くみられます。

(2)ストレス性(心因性)の肩こり
心へのストレスが原因で肩こりが起きることは周知の事実です。脳が受けたストレスが神経をたどって特定の筋肉に伝播しすることがあります。その代表が肩こりです。絶えず心配事を抱えている人は慢性的な肩こりに悩まされがちです。

(3)習慣・体質が原因で起こる肩こり 
生活習慣や体質も肩こりに大きく関与します。なで肩・猫背・悪い姿勢・視力が悪く前かがみで物を見る人、運動不足などが挙げられます。特に欧米人に比べ筋肉量が少ない日本人には肩コリが多いと言われています。

(4)病気として起こる肩コリ(病原性)
肩こりを生じるものの中には病名がつくものもあります。代表的なものは、変形性頸椎症、頸部椎間板ヘルニア、肩関節周囲炎(五十肩)です。また、腫瘍による神経の圧迫、目や鼻の病気、肺や腹部の病気の副産物して肩コリを生じる場合があります。

(5)女性特有の肩こり
女性にとって胸は女性らしさの象徴です。しかし、肩こりの大きな原因となります。また、下着による締め付けも筋肉の緊張を助長しますので、肩こりは時に深刻な問題となります。また、ホルモンバランスの関係で更年期には強い肩こりに悩まされる女性が多くいらっしゃいます。

肩コリの発生・悪化のメカニズム

筋肉は他の人体組織と同様に、活動には常に酸素と栄養を必要としています。筋肉内には無数の血管が走行しており、その血管から酸素と栄養の供給を受け、同時に老廃物を排出しています。血管には動脈と静脈があるのはご存じだと思いますが、中でも静脈は自ら脈を打てません。ですから、筋肉の緊張と弛緩によって生じるポンプ作用によって、老廃物を送り出しているのです。

こりの悪循環
ところが、筋肉の緊張状態が長時間続くと血行が悪くなり乳酸などの老廃物が蓄積されます。それが刺激となってこりや痛みを感じるようになります。多くの肩こりは、持続的な筋緊張による血行障害によって起こるといえます。

すなわち血行・血流を改善することで、肩コリの悪化は防ぐことができます。当院の治療は蓄積された深部の「こり」の解消に効果的です。辛い肩こりでお悩みの方は、是非ご相談ください。

◆治療費用
こり痛みの専門鍼治療
1回 6,000円
初回は別途初診料1,000円
※治療は予約制です。
(TEL 03-5980-7511)