強すぎる度数の眼鏡や、合っていないコンタクトレンズを長期間使用していると、眼精疲労が悪化し自律神経失調を来すことがあります。眼鏡やコンタクトレンズを変えてから、なんだか眼精疲労がつらくなった方、原因不明の体調不良で悩んでいる方は必見です。

さて。私たち日本人は、視力に関して、「1,2という数値を理想」と考える人が多いと思います。また、多くの方が1.2の裸眼視力へのあこがれを抱いています。眼鏡やコンタクトを付けるのは煩わしい、何もつけなくて1,2見える人がうらやましい・・・と。

確かに、車を運転する時、スポーツをする時、勉強で黒板を見る時、旅行にいった時、災害緊急時など遠くが見える目は便利です。また、子供の頃から、1,2だと良い目、0.01だと悪い目、という漠然としたコンセンサスの中で生きてきたことでしょう。1.2という数値は、目に病気が無いかをチェックする上では非常に重要です。

しかし、どのぐらいの視力が生活しやすいか、どのような度数にすれば疲れにくいのかは、実は人それぞれで、住んでいる地域や生活スタイル、年齢や職業、性格や趣味など、多くの要素を考える必要があると思います。

特に現代社会は、スマートフォンの普及で、一日のうち手元を見ている時間が非常に長い、という「新たな時代背景」が生じています。パソコン、ゲーム機、iPad、スマホゲームやSNS、など手元の小さい文字や動画を、ほぼ一日見ているという人も少なくありません。

そして、一つ言えることは、遠くが良く見える目(裸眼、眼鏡、コンタクト)で、近くを見続けていてると、「目は疲れる」ということです。

凄く目が疲れるという自覚がある方は、まず自分の視力(屈折度数)を知って、眼鏡やコンタクトレンズが合っているのかを、もう一度チェックすることをお勧めします。少なくとも近視が強い、乱視が強い、乱視の角度が普通と違う、実は遠視、左右の差が大きいなど自分の目の特性を知っておくことは大切です。

一般的に、私たちが自分の屈折度数を知るには眼科や病院で検査を受け、教えてもらう必要があります。普段使っている、コンタクトのパッケージに書いてある数値や、眼鏡を買った時に付いているレンズデータの数値によっても自分の屈折度数を知ることができるが、これはあくまでも、弱めに作っている場合や、そもそも度数が合っていない場合もあるので、本来の屈折度数とは異なります。

◆屈折矯正度数とは

眼科での視力検査では
右目Vd=1.2(S-4.50 × C-1.50 AX180°)(R>G)
左目Vs=1.5(S-3.00 × C-1.00 AX90°)(R>G)
と表記されます。

ちなみに私の視力はメガネでは矯正不能なので、ノンコリガントという表記が付けられる。
Vd=0.04 n.c 

SはSphericalで-は近視、プラスは遠視を表します。Cは Cylindricalで乱視を、AXは乱視の角度です。