網膜の中心に近い部分の網膜上皮が剥離し、隙間に水分が貯留するという病気です。働き盛りの男性に多い症状で、急に視界の中心部分が白っぽくみえるようになります。網膜の浮腫が解消するとともに中心暗点やゆがみは改善しますので、治療は自然治癒に任せることも多いですが、状態によてはレーザー治療や内服治療が行われる場合もあるようです。当院では毎月1~2名ぐらいの初診の患者さんが来院しますが、眼精疲労を取り除いたり、自律神経を整える治療を行うことで、自然治癒力を高めるような治療を行ています。